FXの移動平均線などを知らずにトレードしたとき

No Comments

FXで負けたのは、知識量が少なくテクニックを実施していなかったためで、たとえば損切り、ファンダメンタルズ分析、両建て、クロスレートなどをあまり考慮していなかったのが要因です。
移動平均線といったものは関係がない、そのときの売りか買いかの二択のくじ引きであると考えていると、経済のあらゆる指標を度外視しているため負けやすくなっていたでしょう。

FXの値動きは、機関投資家や個人投資家などがトレードをすることで動いているマーケットであり、要人発言や景況は値動きに影響することから、次に買われる材料となる指標をチェックすることも大切です。
あとは業者選びも大切で、業者によってはトレードがしにくい場合があります。それでも使い続けているのは負けるもとになり、なるべくトレード画面や付加サービスを考慮して、トレードしやすい業者のシステムに乗り換えるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です