FXビギナーを勘違いさせる「不適切なフィードバック」

No Comments

将棋の初級者が有段者と平手で対戦すれば全敗は必至です。
ところがFXの場合、技術の未熟なビギナーがたまたま勝ててしまう場合も少なくないのです。
「買いポジションを建て絶対に損切りをせず、随時利益確定のみを行う」などのように売買方針がある程度一貫しており、その方針がたまたま相場の値動きに合致していれば、ある程度長い期間勝利を続けることさえできるかもしれないのです。

人は主に自己の経験の範囲内から事を学ぶものです。
FX取引を開始して以来損切りをしないことで勝ち続けられたのであれば、損切りをしないことこそが必勝戦術なのだと自ずと信じ込んでしまうのです。

損切りをせずに含み損を膨らませ口座破綻に至ってしまうというのは、ビギナーが犯しがちな典型的な失敗です。
大敗に通じる誤った方針を採用していても、必ずしも「負け」という正しいフィードバックが与えられず、「勝ち」という誤ったフィードバックさえ与えられてしまうことがあるのがFXの恐さなのです。

FXのビギナーがこういった「不適切なフィードバック」のために自己の誤った方針を正しいものと勘違いしてしまい、そのことによって後の大負けへと導かれてしまうということはよく起こりがちなことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です