大きく勝とうとしてはダメです。ベテランこそコツコツなのです

私がFXで勝つことができたときは、勝とうとしていなかったときが多かったと思います。
FXで儲けてやろうと考えて、いろいろ勉強をしながら、取引に臨むとたいていの場合は負けてしまい、良くても手数料を考えると、プラスマイナスゼロということが多かったです。
私は、個人で雑貨の輸入販売を行っていますが、そのときに外貨に換えてしばらくそのままにしていて、再び取引をしようと見てみると、含み益がかなりあったことに気がつくパターンが何度かありました。
私自身の性格のせいだと思うのですが、私は根本的にFXにはむいていないのだろうと思っていました。
しかし最近では、儲けたい、この損失をこれでカバーしてプラスにしたいという考えはやめました。
この考えが感覚を鈍くし、冷静な判断が出来ない原因だからです。

今はコツコツと小さな利益を大切にしています。
その場合スプレッドに注目をおいてみてください。
スプレッドとは硬貨の買値と売値の金額の差のことを言います。
今はFXの知名度もあがりテレビのバラエティでも取り上げられるくらいになりました。
それにともにないFXの業者も本当に数多くいます。
初めてでどの業者がいいか分からないと迷っている方はスプレッドの差が小さい業者を選んでみてください。
>>FXのスプレッド

例えば、ドル円を買ってすぐに売ったとします。
しかし実はスプレッドの差の分だけこちらが損をすることになってしまうのです。
そのためにスプレットが小さい業者を選んだほうが得になります。
隠れたコストは小さい方がきっと大きなリターンがありますよ。
またスプレッドは、取引量の大きさによっても違ってきます。
取引量の多いドル円やユーロドルといった通貨ペアはスプレッドが小さいです、何度もトレードを行う方には最適な硬貨ペアじゃないでしょうか。

そして最も重要なことですが、FXは利益を上げることもできる半面、損失があることを知っておかなければいけません。
損失を恐れず、損失を知ることによって、またFXの知識を増やすことが出来るのです。
損失が少しでも多くなるようなら、その取引を早々に切り上げて抑えなければいけません。
私は1度、暫く待てば損失は減るだろうと考えていたことがありました。
上昇するきっかけがあれば、損失のカバーも簡単に出来ると、軽い気持ちがあったからです。しかしこれは失敗でした。

翌日更に損失は増え続け、これはまずいと判断して取引を切り上げました。
昨日の時点で止めておけば、損失は半分で済んだのに、僅かな可能性を信じた結果が失敗に終わりました。
『FXで運を待つは死を待つに等し』ということわざがあるのですが、まさにこの事だと思います。
損切りをせず運を祈って相場が上がる事を信じるのは破滅を待っているだけなのです。
少しでも下がってしまい売りのサインが出ているんのならポジションを持ち続ける意味がないのです。
勇気を持って損切りをするべきです。

私はこれをきっかけに、損失が大きくなるようならすぐに切り上げるようにしました。
お陰で損失が減り、利益も徐々に上がるようになりました。
ある程度の決断がFXには必要だと思います。